« イギリス徒歩旅行 フットパスを歩くー11 飛行機の中で | トップページ | 6月6日 ベーカー街 »

6月6日 ロンドンにて

ロンドン第一日目、4時過ぎにヒースロー空港から地下鉄で、宿のあるアールズコートに向かう。と書けばいかにも何事もなくことが進んだように見えるがとんでもない。成田空港で両替したので、紙幣ばかりで小銭がない。それがつまずきの始まり。紙幣を入れてお釣りがでるタイプの自動発券機には、中心部の第一地区への案内表示ばかりで、第二地区への表示がない。表示されたいくつかの文字列の中を探してうろうろしていると次の人の列が出来る。後で分かったことだが、他の地区、と言う表示があったのだ。それを押して第二地区を選べばよかったのだ。その時には頭が働かず、キャンセルして場所を譲り、もう一度やり直す。まだわからない。結局近くの案内所で両替して、コインによる発券機で切符を買った。

P8123604b
地下鉄地図

でも次に乗ったときには紙幣での発券機で日本語表示への切り替えが出来ることがわかり、はじめの苦労が嘘のようにスラスラ進んだ。知らない土地に来て迷うのは当たり前。それを乗り越えると小さな自信になり、その繰り返しが知らない町を一人で歩きたいという気持ちに繋がっていくようだ。

地下鉄の車両はどこかこじんまりして意外にこぎれいだ。、ロンドン中心部にはいるまでは地上を走っているので、外の景色を見ることが出来る。線路の脇の土手沿いにエニシダらしい灌木が黄色い花を付け、ガマズミのような白い細かい花を房状に付けた木もある。薄紫のシソ科の花に似た花もあり、電車から降りて詳しく見たくなった。イギリスでも6月は花の多い季節だとか。ペンブロークシャーに行ってからが楽しみだ。

P7153431bbb

日本で二泊予約したホテルは静かなホテル街にある。ロンドンは地方に比べてホテルが高いというが、予約した部屋は一泊10800円、バストイレ付きと言ってもバスはなくシャワーのみ。でも部屋は日本のビジネスホテルよりは広い。何事もおおらかでせせこましくないのだ、と思うことにする。いい方に解釈することは楽しく旅を続ける秘訣である。夕方飛行機から降りたばかりのつかれた身体で、案内所に当たって宿を探すなんて気にはなれないのだから、しかたがない。


|

« イギリス徒歩旅行 フットパスを歩くー11 飛行機の中で | トップページ | 6月6日 ベーカー街 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254530/31200292

この記事へのトラックバック一覧です: 6月6日 ロンドンにて:

« イギリス徒歩旅行 フットパスを歩くー11 飛行機の中で | トップページ | 6月6日 ベーカー街 »