« イギリス徒歩旅行 フットパスを歩くー8 出発前の準備-1 | トップページ | イギリス徒歩旅行 フットパスを歩くー10 簡単な自己紹介 »

イギリス徒歩旅行 フットパスを歩くー9 出発前の準備-2

地図と磁石

 地図と磁石はあらかじめ想像していた以上に重要だった。日本で山登りをするとき、登山地図と磁石は必ず持っていく。でも磁石はほとんど使わない。登山道はよく整備されているし、高山帯では樹木限界を超えているので見通しが利き、周りを眺めれば自分の進む方向がよく分かる。でもフットパスでは標識はほとんど無いし、歩道が交差しているときもあるから、地図と磁石でしっかり確認しなければ道に迷ってしまう。歩きの旅で道に迷ったら、戻るのが大変だ。

P8123600b_4

 地図はフットパスの案内書によれば三コースで二万五千分の一の地図が十枚必要だ。これはどんな地図だか見当もつかないので、ロンドンで買うことにした。チャリングクロスロードには多くの書店がある。そこで初めて地図にお目にかかった。OS(英国地理調査所)の二万五千分の一の地図だ。かなり大きくてかさばる地図で、十枚というより十冊だ。そこで、一部を五万分の一の地図やなどにして、六冊に抑えた。でもこれは失敗。本当に詳しい地図が必要だった。地図と磁石の使い方のいい加減さが、私の道に迷い続けた最大の原因だ。

P8123601b_3

磁石はオリエンテーリングをやっていた長女からもらった磁石を持っていたが、掛川に忘れてきてしまった。かわりに安物の磁石を持っていったが、すぐ無くしてしまった。そこで湖水地方のフットパスの入り口、ウルヴァーストンの山用品店で磁石を買った。スウェーデン製で十ポンド、二千円だ。高い、と思ったが、実際に使ってみるとなかなかの優れものだった。長方形のプラスチックで出来た磁石の枠に、五万分の一と二万五千分の一の地図上での、一キロの長さの目盛りが両側についている。地図に目盛りを合わせると,目標地への距離と時間が推定できる。それが実際必要なのだ。何分歩けば分かれ道に出るか、時計と見比べて歩けば推定できる。そんなことが必要になる。だから地図も二万五千分の一の地図が必要になる。

P8123602bb_3

|

« イギリス徒歩旅行 フットパスを歩くー8 出発前の準備-1 | トップページ | イギリス徒歩旅行 フットパスを歩くー10 簡単な自己紹介 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254530/31147958

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス徒歩旅行 フットパスを歩くー9 出発前の準備-2:

« イギリス徒歩旅行 フットパスを歩くー8 出発前の準備-1 | トップページ | イギリス徒歩旅行 フットパスを歩くー10 簡単な自己紹介 »